0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/03/16

出力抑制保険について

基礎知識

ご存知の方多いかと思いますが、太陽光発電での投資のシステムは太陽光発電機で発電した電力を電力会社が買うことで発電機のオーナーが収益を上げるという仕組みになっております。日が出ていることで収益を上げることができますのでそこが魅力の一つでもあります。ですが、出力抑制には気を付けておかなければなりません。

 

〇出力抑制とは?

簡潔に申し上げますと、電力の需要と供給のバランスを取るために行うのが出力抑制になります。電力の需要は一般的に生活で使う電力、供給は日本でほとんどの割合を占める火力発電はもちろんのこと太陽光発電等の再生可能エネルギーも供給の一部となっております。もし、この需要と供給のバランスが崩れてしまったとき大停電等が起きトラブルのもとになってしまいますのでバランスを取るために出力抑制は必要になるというわけです。

 

〇出力抑制がかかってしまうとどうなるのか?

もし、出力抑制がかかってしまうと電力の供給が出来ないということになってしまいますので必然的に収益がそこでストップしてしまいます。そうなるとその期間の収益がなくなってしまいますので資金繰りも困難になってしまいます。

 

〇そこで、活躍するのが出力抑制保険です!!!

この出力抑制保険は任意なのですが入ることで一定の免責時間を経過して以降の制御損失を一定金額まで補償することが可能になっております。このもしもの出力抑制に備えて出力抑制保険に入るというのもリスクの少ない投資の第一歩ともいえるかと思います。

 

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!