0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/09/20

パワコンの自立運転機能とは!?

基礎知識

太陽光発電で発電した電力を家庭用に変電させたり、システム全体を効率よく稼働させるために重要な役割をになっているのがパワコンになります。このパワコンには「自立運転機能」という機能がついているのですが、この機能はどのような役割を果たすのかそしてこの機能のメリットとデメリットまでご紹介させていただきます。

 

〇自立運転機能とは!?

 

パワコンの自立機能運転は、停電時でも太陽光パネルで発電した電気エネルギーを使用するための機能になっております。太陽光発電は災害の際でも使えるというメリットがありますのでこの自立運転機能は災害時に備えるための重要な機能と言えるかと思います。産業用太陽光については、自立運転機能付きのパワコンを保有するメーカー、機種を使用し運転を切り替えることで発電した電気を非常時に使うことができるようになります。この自立運転に必要な工事は施工業者にもよるのですが行わないこともあるようですので設置前に確認はしておいた方がいいかもしれません。

 

〇自立運転機能のメリットとデメリット

 

やはり自立運転機能のメリットは停電時に電気を使用できるというところかと思います。先日の台風による大規模停電の際にも公共の施設が再エネの発電で通常通り運営できたことからわかる通り現在では公共施設はもちろんのことコンビニや工場にも自立運転機能が取り付けられております。また、災害時には地域住民に電気を供給できるという面でも活躍できるかと思います。

逆にデメリットとして導入費用がどうしても高くなってしまうというところになります。あとは太陽光の場合、夜間は太陽光がなく発電できないので電気を使用することが出来なくなってしまいます。

 

以上、パワコンの自立運転機能についてになります。日本は災害大国ともいわれておりますのでもしもの備えというのは重要になってくるかもしれません。もし、太陽光の投資を検討されている際は用途に合わせて検討してみてはいかがでしょうか。