0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/09/13

国が後押ししている投資!太陽光投資!

基礎知識

投資ときくとFXや仮装通貨といったような投資や不動産投資といった投資があります。いずれも競争率は激しく結果的に利益率が落ちてしまうことが多いと言われてます。そこで、いま注目されているのが太陽光投資になります。近年、環境に関しての意識も高くなっていることから「ESG投資」としての注目度も上がってきております。

 

〇ESG投資

ESG投資とは「Environment(環境)」、「Social(社会)」、「Governance(企業統治)」に配慮した経営を行っている企業を厳選して資金を投じることです。欧米の機関投資家の間で浸透しており、近年では日本でも普及してきているそうです。

 

このように社会的にも環境に配慮した投資の関心が高くなってきております。中でも太陽光投資への注目が目立っていると言えるかと思います。ご存知の方も多いかと思いますが、太陽光投資は土地付きの太陽光設備に資金を投じるという投資で、発電所にて生成した電力を電力会社へ売電し、投資額に応じて収益を得ることが出来るようになっております。その収益も高いうえに環境面にも優しいという点ではかなり魅力的な投資と言えるのではないでしょうか。

 

〇太陽光投資は国の後押しがある!?

上記にもあります通り太陽光投資は収益も高く環境保全という面でもいいと言われておりますので注目されてきております。この収益の面でいうと2012年に固定価格買取制度という制度ができ20年間にわたって電力会社が固定価格で買い取るという制度ができ、事実上20年間は安定した収入を国が約束していると言ってもいいかと思います。不動産投資での空室リスクや家賃不払いリスクと比較すると太陽光投資はかなり安定しているのではないでしょうか。

 

 

〇太陽光投資は中古太陽光がお得!?

 

現在、経産省にてFITの抜本的改革案が出ており近々固定価格買取の終了が予想されております。これは設備を新設する場合で、中古太陽光の場合は固定価格での認定を受けておりますので安心して投資を行うことが出来ます。また、実際に稼働歴もございますので収益シュミレーションも立てやすくリスクの少ない投資が可能になっております。セカンドソーラーではそういった中古太陽光物件を多数掲載しておりますので、もし太陽光投資を検討されているかたは当サイト物件一覧をご覧くださいませ。