0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/08/01

太陽光発電のフェンスについて (防犯・侵入の面から)

基礎知識・コラム

ご存知の方が多いかと思いますが、太陽光設備のほとんどにフェンスがついております。ですが、影を作ってしまうリスクにもなるしフェンスを取り付ける必要はあるのか。という疑問が出てくるかと思います。今回はその太陽光設備にあるフェンスはどのような役割を果たしているのかというところをご紹介させていただきます。

 

●法律で取り付けが決まっている

ご紹介させていただく前にフェンスの取り付けは改正FIT法により義務付けられております。これは経産省が出している「事業計画策定ガイドライン」という資料に記載されており設置の期限や罰則等もありますので目を通しておいたほうがいいでしょう。

 

フェンスの役割①:防犯対策

太陽光発電をしていく上でのリスクの1つにいたづらや盗難といったもようなものがございます。盗難に関しては深刻な問題で、国産の太陽光パネルは質がいいということもあり盗まれ海外に横流しされてしまうという事例が実際にあるようです。太陽光パネルの価格も安易に変えるような値段でもありませんので盗まれてしまったらかなりの痛手になります。フェンスはそういったリスクも少しでも軽減させることができる役割もございます。

フェンスの役割②:子どもの侵入を防ぐ

太陽光設備があると興味を持つ子どもは多いようです。その際にいたづらを仕掛けたりすることもあるようです。そういったリスクもこわいですが、一番恐ろしいのが敷地内に侵入し事故が起きてしまうことです。裸足で電線を踏んでしまった場合、感電してしまうリスクが起きます。通常太陽光のケーブルは絶縁されておりますし、リスクとしては軽減されておりますが、感電してしまうと最悪その後に不自由が起きたり命を落としたり落としたりといった危険性もございますのでフェンスはそういった侵入によるリスクを防ぐための役割も果たしております。

 

今回はフェンスの役割について防犯や侵入によるリスクという観点からご紹介させていただきました。他にも役割としてはございますが後日ご紹介させていただきます。