0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/07/13

自然災害によるリスクとその解決策

基礎知識

太陽光発電において必要不可欠となるのが太陽光による日照になるかと思います。ということもあって避けることの難しい自然災害が起きてしまった場合、発電量はかなり落ちてしまいます。今回はその自然災害によるリスクとその解決策についてご紹介させていただきます

 

災害によるリスク例①:台風・水害

日本では夏場から秋にかけて台風がやってきます。基本的には台風によって太陽光システムが壊れることはありませんが強風によって小石や木片といった物体によってパネルが傷つけられるリスク、パネルを支えている架台や工事の設計次第ではパネル自体が飛ばされてしまうといったリスクがあります。また、雨も降っていた場合水害が起きてしまうこともございます。一定の雨量を超えてしまった場合、地盤が崩れるとともに発電所自体が崩れてしまっ太という前例があったそうです。

災害によるリスク例②:落雷

落雷の場合、ほとんどが近隣に落ちた雷が近隣に落ち雷が電線を伝うことで太陽光システムに被害を被ることが多いです。こういった被害が出てしまった場合、パワコンや重要な機材の故障につながってしまう可能性が出てきてしまいます。こうなってしまうと、復旧させるまでの間売電ロスが発生してしまう可能性が出てきます。

他にも自然災害によるリスクはございますが今回はこの2点をご紹介させていただきました。こういった自然災害でのリスクを減らすための対策は以下の通りです。

 

解決策:定期的なメンテナンスと各種保険の加入を検討する

 

以上に書かせていただいたリスクはどうしても避けられないものになります。そういったリスクに備えるためにも定期的なメンテナンスや点検は欠かさず行う必要があります。上記にもある架台が倒れてしまった場合、経年劣化によるものの可能性もあります。これも、定期的に点検・メンテナンスを行うことで避けられるリスクといえます。

さらに、火災保険や動産保険といった保険に加入しておくことでいざ被害にあってしまった場合も安心できます。

保険は特にですが、ランニングコストが膨らむので敬遠されがちですが、いざトラブルにあってしまった場合のコストを考えるともっともな支出ととらえていいかと思います。