0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/05/24

農地転用方太陽光発電の特長とメリットについて

基礎知識・コラム

「農地転用」と言うワードをご存知でしょうか?太陽光投資を調べていく上で何と無く聞いた事があると言う方多いのではないでしょうか。あまり太陽光発電とはあまり関係の無いように聞こえるかもしれませんが意外と密接に繋がっておりますので今回はご紹介させていただきます。

 

○農地転用とは?

そもそも農地転用とは何か?というところになってくるのですが文字通りの意味で使用していない畑を別もくてきで利用する土地として転用する事を言います。このシステムを上手く利用することで得られるメリットがたくさんあります。

○農地転用のメリット

・作付けしていない土地を有効活用出来る

数年の間に作付けされる予定もない田畑や果樹園を放置してしまうと雑草が生い茂って来たり、害虫が増加してしまったりと問題が発生してしまいます。土地所有をしている以上定期的にケアをしていかなければならないのですがコストや労力はどうしてもかかってしまいます。そういった土地を太陽光発電土地として利用する事で売電収入を得る事ができ有効的に活用できます。

・多くの発電量が期待できる

田畑や果樹園などで利用していたほとんどの土地は日当り申し分のない土地と言えるかと思います。ということは農地転用をした太陽光発電物件は多くの発電量が期待できます。屋根に太陽光パネルを設置するよりも大規模な発電が期待できます。

・ソーラーシェアリングで有効活用できる

ソーラーシェアリングとはその土地で太陽光発電をしながら同時に作物を育てる事を言います。あまりこれに関しては作物にとってはマイナスなのでは?と疑問視する方もいらっしゃるかと思うのですが、むしろ畑に太陽光発電システムを設置することで作物がよく育ったと言う声も中にはございます。その理由は太陽光システムで影ができ光合成で利用する無駄な太陽光を受けないからと言われております。環境にあった作物を植えることでソーラーシェアリングは十分に可能です。

 

以上のように農地転用をする事で出てくるメリットが多くあります。農地転用した土地を見かけたらそういった物件であることを知識に入れて置いててもいいかと思います。