0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/07/04

太陽光投資と消費税還付

基礎知識・コラム

太陽光投資をする場合、基本的に太陽光発電システムの購入が必要になります。その費用はある程度の財産があれば出せる額かもしれませんが、一般のサラリーマンの場合は、融資を受けてから投資を開始することになるかと思います。その、初期費用だけでも費用としては痛い額になってきますが、設備が1500万円の場合は消費税が10%ですので、消費税は150万円にまで達します。そんな消費税の一部が手元に戻ってくる制度があり、それが「消費税還付」になります。この消費税還付は太陽光発電投資を始める際は必ずチェックしておくべき制度になります。今回は太陽光投資に関する「消費税還付」についてご紹介させていただきます。

 

〇太陽光事業者にかかる消費税とは?

まず、事業者から見た消費税は仕入れなどにかかる消費税と課税売上高に対する2つのパターンがあります。太陽光事業者は設備費用と一緒に消費税を支払い売電額とそれにかかる費用を電力会社から振り込まれます。この電力会社からの収入は太陽光発電投資の収入になるわけではなくいづれは税務署へ払う税金をいったん事業者で預かるといったような状態になりますので最終的には税務署へ納めなければなりません。

 

〇消費税還付とは?

冒頭にもあります通り、消費税還付とは消費税の一部が手元に帰ってくる制度になります。この消費税還付は仕入れ額(設備費用)の消費税が売電収入の消費税を上回った金額が返ってきます。ですので、設備費用が高額であればあるほど消費税還付も多くなってきますので、太陽光投資を行う際は消費税還付について調べておいて損はないかと思います。

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!