0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/06/27

京都府内の2020年度太陽光補助金をご紹介!③

基礎知識・コラム

今回も前回に引き続き京都府内を対象とする太陽光関係補助金をご紹介させていただきます。

前回の記事:京都府内の2020年度太陽光補助金をご紹介!

 

〇京都市

期間
2020/4/10~予算がなくなるまで ※先着順

補助金対象
京都市内の
・戸建住宅の所有者又は居住者
・賃貸マンションの居住者又は所有者
・分譲マンションの管理組合又は区分所有者
・集会所に設置する自治会

金額
1kWあたり20,000円 上限なし

 

〇城陽市

期間
2020/4/1~終了日未定 ※先着順

補助金対象
・未使用の住宅用蓄電池システムと住宅用太陽光発電システムを新たに同時設置した場合
・未使用の住宅用蓄電池システムと住宅用太陽光発電システムが設置された住宅を新たに購入した場合

金額
1kWあたり10,000円 上限40,000円

 

〇相楽郡精華町

期間
2020/4/1~2020/12/28 ※先着順

補助金対象
・精華町内に住所を有し、自らが所有し、居住する住宅に新たに太陽光発電設備と蓄電設備を同時に設置した者又は太陽光発電設備と蓄電設備を設置する新築住宅を購入した者
・町税等を滞納していない者

金額
1kWあたり15,000円 上限60,000円

 

〇綴喜郡井手町

期間
2020/4/1~終了日未定 ※先着順

補助金対象
・井手町内に居住する住宅に住宅用太陽光・蓄電設備を設置した個人または住宅用太陽光・蓄電設備が設置された住宅を購入した個人で、電灯契約を結んでいる者
・設置する住宅が所有物でない場合は、所有者の設置許諾を受けている者
・設備の管理・活用を自らの責任で実施する者
・設備を対象とする電力需給契約を電力会社と締結した個人で、受給開始から12か月以内の者
・町税等を滞納していない者
・同一の住宅について、この補助金の交付を受けていないもの
・木造住宅の場合は、設備設置後の条件で、耐震診断の評点が1.0以上の住宅に設置した者または、耐震シェルターを設置して井手町木造住宅耐震改修事業費補助金の交付を受けた者

 

以上、京都府内を対象とする太陽光補助金の一部をご紹介させていただきました。補助金は上記事項に該当する場合であっても必ずもらえるというわけではありませんので、事前に自治体へのお問い合わせをおすすめいたします。補助金をうまく活用して少しでも太陽光発電へのリスクを減らしていきましょう!

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!