0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/06/17

主な太陽光融資元3つそれぞれのメリットをご紹介!

基礎知識・コラム

太陽光投資が始まったころあたりは初期投資額がかなり高額でしたので、富豪だけができる投資というイメージがどうしても強かったように思えます。ですが、年々メーカー等の努力により設置費用が下がってきているためサラリーマンの平均年収ほどであれば融資が受けやすくなっております。

そこで、今回は太陽光融資元3つとその3つそれぞれおさえておきたいポイントをご紹介させていただきます。

 

〇主な太陽光融資元

・日本政策金融公庫
太陽光発電事業を始めていく上での主な融資元の1つとしてこの「日本政策金融公庫」があります。「日本金庫」とも呼ばれています。必要提出書類は多いですが政府が100%出資してくれ且つ金利も安いです。

・信販会社
太陽光発電事業を初めて行く上での主な融資元2つ目は「信販会社」になります。信販会社は融資は受けやすいのですが比較的金利が高めです。

・銀行
太陽光発電事業を始めていく上での主な融資元3つ目は「銀行」になります。銀行には、「都市銀行」や「地方銀行」、「信用組合」など、さまざまな種類・形態があります。金利は大手銀行より地方銀行の方が安いことが多いです。

以上、主な融資元3つになります。この3つにはそれぞれのおさえておきたいポイントがございますのでご紹介させていただきます。

 

〇「日本政策金融公庫」「信販会社」「銀行」それぞれのポイント

 

日本政策金融公庫のポイント:とにかく低金利でいきたいという方向き

日本政策金融公庫の主なメリットとしてやはり金利の低さでしょう。15年返済で金利が1.25%~2%程度なので、ソーラーローンよりも低金利で資金調達できるのがおおきな魅力です。

信販会社のポイント:無担保かつ早く資金調達ができる

信販会社の大きな魅力の一つとして資金調達が早くできると頃にあるかと思います。日本政策金融公庫では必要書類が比較的多いのに対し、信販会社の場合審査時間がそこまでかかりませんので、できるだけ早く資金調達をしたいという方には魅力的だと思います。

銀行のポイント:低金利かつできるだけ早く資金調達したいという方向き

銀行はソーラーローンを提携している銀行であれば信販会社より低金利で借りることが可能です。また、日本政策金融公庫より審査は難しくありませんので手間を考えると魅力的だと思います。

 

融資を受ける上でどこがどのような特徴があるのかというところをおさえておくことでより利益率の高い投資につなげることができますので投資を始める前におさえておいていいかと思います。