0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/11/17

会社設立による節税はどのようなものなのか?

基礎知識・コラム

事業の規模が大きくなれば会社の設立を検討するかと思います。太陽光投資のための会社を作る人も少なくはありません。と言うのも大きなメリットとして挙げられるが「節税」です。今回は会社を設立することでどのようなメリットを得ることができるのかご紹介させていただきます。

○会社を設立することで得られるメリット

・役員報酬を経費にできる

まず、会社を設立することによって受けられるメリットとして役員報酬を経費にできると言う点がございます。役員報酬が多ければ多いほど節税効果は高くなります。役員の報酬は給与所得控除が差し引かれたあとに税率がかけられますので、課税される所得を小さくすることも可能です。

・赤字繰越控除が可能

次に会社を設立することで赤字繰越が可能です。翌年度以降に繰り越し、課税所得金額から控除することが可能です。繰越の期間は個人事業主が3年間、法人は10年間となっております。

・経費として出せるものが多くなる

個人事業主は経費として落とせる基準が曖昧なものも多いですが、法人になるとそこが明確になるものが出てきますので経費として落とせるものが多くなる可能性は高くなってくるかと思います。

・家族へ給与を出すことが可能

個人事業主では「青色事業専従者給与」として届出を出した家族にしか認められない給与ですが会社を設立することで出すことが可能となっております。それぞれ個人の所得税はかかってしまうと言う点は出てきてしまいますが、経営者の所得を分散することが可能ですので節税へと繋がりやすいです

以上、会社を設立することでできる節税対策についてご紹介させていただきました。太陽光投資でも会社を別途設立することで節税できる可能性もございますので検討してみてもいいかもしれません。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!