0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/05/23

消費税が8%から10%へ!間に合わせで買うと損します。

基礎知識・コラム

2019年10月1日より消費税が8%から10%へ引き上げるという方針を安倍首相が表明いたしました。太陽光発電システムの場合なかなかな高額になってくるので2%の増税はインパクトとしては大きいです。

今回はこの増税でどのようなリスクが出てきてしまうのかご紹介させていただきます。

 

〇増税により設置費用に差ができる。

上記にもございますが、増税に伴い太陽光発電システムの設置費用が高くなってしまいます。

例えば30万円(税抜)のパワコンがあったとしましょう。
8%の場合:30万円(税抜)→32万4000円(税込)
10%の場合: 30万円(税抜) → 33万円 となります。

増税するとこの場合パワコンだけでも6,000円の差が出てしまいます。
設置費用合計で計算すると規模によっては数十万円の差が生まれてしまう場合もあります。そう考えると増税後に始めるのと増税前に始めるのとでは大きな差が生まれてしまうためリスクとしては大きいかと思います。

〇間に合わせで買うことでのリスク

増税後は増税前と比べ設置費用が掛かってしまうため増税前に契約することが重要になってきます。ですが、これ自体が大きな落とし穴であることも理解しておく必要がございます。2019年の10月というと期間としては少し短いかもしれません。その期間中に急いで投資を開始することで同じ性能のものでも高い方を買ってしまう可能性が出てきてしまうからです。
もし、提案をしてきているのがまっとうな会社であっても焦ることなく何社か比較して契約は検討するべきです。同じ性能をしているのに30万近くの誤差があったら回収が難しくなってしまします。そのリスクを避けるためにも間に合わせで急いで契約はせず慎重に選んでいきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。増税前に契約することで税の面ではコスト自体を抑えることは可能ですが、設置費用が焦って契約したことで高額になってしまうと元も子もありません。

 

※消費税が10%に上がるのは前提として2019年10月1日になります。ですので2019年の9月30日までに引き渡し工事を完了させれば8%に間に合います。期間としては短いですが焦りすぎず効率よく検討していったほうがいいでしょう。