0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/12/01

フィジカルPPAについて

基礎知識・コラム

初期投資ゼロで太陽光発電が導入できるものとして、「コーポレートPPA」が今注目されております。

○コーポレートPPAとは

企業などの電力需要家が発電事業者と直接、長期間の電力購入契約(PPA)を結ぶことで、初期投をすることなく太陽光設備を導入利用できる仕組みのことを言います。太陽光設備を第三者の「PPA事業者」が保有し、企業は設置された太陽光で発電した電力を使用(購入)します。コーポレートPPAは「第三者保有モデル」とも呼ばれるのですが、提供する価値、どのように送電するかでいくつかの形態に分かれます。

○コーポレートPPAの形態について

コーポレートPPAには大きく分けて「フィジカルPPA」と「バーチャルPPA」の2種類に分けられます。今回はフィジカルPPAに絞り見ていきましょう。

■フィジカルPPA

発電事業者が企業に対して自然エネルギーの「電力」と「CO2を排出しない環境価値(証書)」をセットで供給します。現実(フィジカル)に電力を供給することからフィジカルPPAと呼びます。送電方法により「オンサイトPPA」と「オフサイトPPA」に分かれます。

・オンサイトPPA

日本で主流のPPAモデルがこの「オンサイトPPA」になります。企業の敷地や屋根などに発電事業者が太陽光の発電設備を無償で設置し、発電した電力を企業に供給する仕組みとなっており、企業は固定価格で電気料金を支払います。現地で発電して現地で供給することからオンサイトPPAと呼ばれております。このオンサイトPPAの魅力としては発電設備への初期投資や、運転・保守の負担が少ないという点がございます。

・オフサイトPPA

企業の敷地から離れた場所にある発電設備から、送配電ネットワークを経由して企業に電力を供給する仕組みのことを言います。企業の敷地外で発電して供給することからオフサイトPPAと呼ばれています。日本では需要家に電力を販売できるのは小売電気事業者に限定されておりますので、発電事業者と需要家の企業がコーポレート PPA を結ぶには、オンサイトPPAを除いて小売電気事業者を中に挟む必要がございます。ですので企業は固定価格の電気料金に加えて、送配電ネットワークの使用料を支払う必要が出てきます。