0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/12/23

年金問題。太陽光発電投資で解決できる??

基礎知識・コラム

2020年は新型コロナウイルスによる影響が目立ちましたが、その少し前までは老後2000万円の貯金がないと生活ができなくなるということで、年金について問題が出てきておりました。特に、今20~30歳の代には不安を煽るような内容となってしまい、今後の課題になってくるかと思います。

そんな、年金がもらえないかもしれないといった状況下ではございますが、これが太陽光投資で解決できるとなるとどうでしょうか?今回はそんな年金問題を太陽光投資で解決することができるのかについてご紹介させていただきます。

○年金対策での投資について

政府は、国民に年金以外の収入源が得られるような直接的な政策、定年年齢を上げる試みなどの間接的な政策、など、年金負担を少しでも抑えようと躍起になっています。ですので、投資をすることで年金で足りない部分を補うようになってくると考えられます。

では年金の問題を太陽光投資で解決できるのでしょうか?

○年金問題。太陽光発電投資で解決できる??

まず、太陽光投資は20年間の売電が国の制度で約束されておりますので、安定性に関しては間違い無いかと思います。では、太陽光投資で年金で足りない分を補うことは可能なのでしょうか?結果から言うと物件によるのでなんともいえませんが、だいたいの物件は補うことができるのではないでしょうか?と言うのも先述通り安定性に関しては太陽光投資は他投資と比べかなり良い方です。ですので、初期費用分を消化できれば、あとはほとんどが収益になりますので安定した収入にも繋がります。

○注意!FITが終了するかも!?

上記の通り年金問題は太陽光投資で解決できる可能性があると言うことを述べさせていただきましたが、現在そんな太陽光投資においての核であるFIT(固定価格買取制度)が抜本的な改革へと動いております。最悪FITが終了してしまった場合、全量売電での太陽光投資は難しくなりますので、太陽光投資をご検討の際は早めの検討をおすすめします。

○中古太陽光ならFITが終了しても売電ができます!

中古太陽光は一度認定を受けて稼働させている物件になりますので仮にFITが終了しても売電は継続して行うことが可能です。セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しており多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!