0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/12/13

メンテナンスはなぜ重要なのか?

基礎知識・コラム

太陽光発電を運用していく上でメンテナンスが重要と言われております。まず1つ目が(「太陽光発電メンテナンスを行わないと失効!??」)でもご紹介しておりますが、認定失効になってしまう可能性です。詳しくはリンク記事からご覧いただければと思うのですが、ざっくり説明すると2017年4月に施行された改正FIT法によりメンテナンスをしなければならないという状況になっております。もちろんこの事項も大切になってくるのですが、他にもメンテナンスはなぜ重要と言われているのかには理由がございます。

○メンテナンスはなぜ重要なのか?

・発電量の低下を防ぐことができる

野立ての場合、太陽光パネルに汚れがつきやすかったり、傷がついてしまったり、他にも影や接続部の過度な抵抗など発電量を低下させてしまう要因は様々です。定期的なメンテナンスを行うことでこの発電量の低下の要因を発見しやすく防ぐことが可能です。

・自然災害によるトラブルを回避することができる

やはり太陽光発電設備の大敵といえば自然災害です。代表的な例で言うと台風や大雨、積雪といったところでしょうか。太陽光設備は耐久力があると一般的に言われておりますが、長期間使用することで劣化はしていってしまいますので初めの頃はいいかもしれませんが、後半は特に注意してみていった方がいいかもしれません。ですので定期的なメンテナンスを行うことで事前に不具合を見つけトラブルを回避することが可能です。なお、定期的なメンテナンスを行う際はしっかり記録をしておいた方が後に中古太陽光に出す場合有利になります。

以上のように定期的なメンテナンスを行うことで発電ロスを防ぐことができますし、後々の安定した売電も可能ですのでメンテナンスはしっかり定期的に行いましょう!!

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!