0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/05/16

太陽光投資に未来はあるのか?

基礎知識・コラム

ここ数年で売電単価も下がってきており太陽光投資事業で今後利益を出すのは難しいと考えている人がかなり増えてきているようです。太陽光投資を検討していく上で今後の将来性というのは気になるところではあるかと思います。という事で今回は太陽光投資は今後手を出していいのかというところを書かせていただこうかと思います。

 

○日本でのエネルギー自給率はいまだにかなり低い

日本でエネルギー自給率が低いということは皆様ご存知のことと思います。やはり今もですが化石燃料を輸入しエネルギー源としております。近年ではそういった状況から抜け出すために原子力発電を積極的に運用する様にしておりましたが2011年の東日本大震災以降、原発事故の問題等も出てきましたので見直されて来ております。このように現在でも尚日本でのエネルギー自給率は低いことがわかるかと思います。

○再生可能エネルギーで自給自足へ

上記のように日本でのエネルギー自給率はかなり低いです。こういうこともあり、日本ではこの状況を打破するため再生可能エネルギーに注目を集めるようになりました。その中でも太陽光発電はかなり注目を集めております。太陽光発電は皆さまもご存知かと思いますが、太陽光で電力を作るといった発電方法になります。とはいえ、正直いまの技術のままですと日本の電力を賄うことはできないといわれております。ですが、年々メーカーや施工業者の努力により技術の向上に成功しつづけておりますので現在のような進捗状況ですと近々太陽光発電で電力を賄える日も近いかもしれません。

○売電システムはどうなるか?

正直ここに関してははっきり答えを出すことはできません。このまま、売電価格が減りつづけ売電というシステム自体消えてしまう可能性もございますし、もしかすると国がまた太陽光発電を推奨するために売電価格をあげる可能性もゼロとはいえないかと思います。今後、ご自身の電力を自給自足にするというために太陽光システムを導入する人も多く出てくるかもしれません。

 

このように、将来性に関してははっきりとした答えは出せませんがネガティブな内容はきわめて少ないのはないでしょうか。