0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/12/15

自家消費発電という経営戦略

基礎知識・コラム

企業や自治体がSDGsに向けて取り組む動きが活発化してきたように感じます。その中でも特に自家消費型太陽光発電を企業や自治体で導入するという事例が増えてきました。

○SDGsについて

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」を略した言葉となっております。この目標は全部で17個あり、各目標をさらに細分化すると169個ものターゲットから構成されています。その中で自家消費型の太陽光発電は7個目「エネルギーをみんなに。そしてクリーンに」に該当します。

○企業や自治体が自家発電型太陽光発電を導入するという戦略

近年、「ESG投資」によって企業評価の対象が「環境に対する取り組み」を行っているかどうかで変わって参ります。つまり、社会的に高い評価を得るには「環境に対する取り組み」を行っているかどうかで評価されるということです。

なかなか環境に対する取り組みができないという方は、自家消費型の太陽光発電を導入検討されてみてもいいかもしれません。

○太陽光発電設備の導入ができないところはどうすればいい?

太陽光発電設備は初期投資額が大きいということもあり、なかなか手を出しづらいという方もいらっしゃるかもしれません。その際は「J-クレジット」の購入を検討されてもいいかもしれません。

・J-クレジット:

国が認証するJ-クレジット制度とは、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度です。

このJ-クレジットは温対法や省エネ法などで活用することができますので環境に対する取り組みをしていく上でこのJ-クレジットの利用を検討されてみてもいいかもしれませんね。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!