0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/07/05

再生可能エネルギー投資それぞれの特徴について

基礎知識・コラム

再生可能エネルギー投資について皆さまご存知でしょうか。簡潔に説明しますと、現在FITという制度により再生可能エネルギーで発電された電力を一定期間固定価格で国が買い取ってくれるため収入を得ることができるという投資内容となっております。ですが、再生可能エネルギー投資といってもそれぞれの発電方法によって特徴が異なります。今回は再生可能エネルギー投資それぞれの特徴についてご紹介いたします。

○再生可能エネルギー投資それぞれの特徴について

・太陽光発電投資

太陽光発電は太陽光をエネルギー源として発電する方法となります。日本では一番有名な再生可能エネルギー発電投資となっております。発電の仕組みとしてはソーラーパネルに当たった太陽光エネルギーを、半導体電子が動いて電力に変換するというものになっております。太陽光発電は費用や場所などの面において、一般家庭でも取り組みやすい発電システムと言えますね。

・風力発電投資

風力発電は風をエネルギー源として発電する方法となります。風力発電の仕組みとしては、大きな風車の形をした風力発電機の羽根で風の力を受け止めることで、モーターを動かして電力に変換するものになります。風によって発電量が左右されますので、年間を通した風の吹き方を考慮して、風力発電機を設置する必要があります。

・水力発電投資

水力発電は水をエネルギー源として発電する方法となります。水力発電の仕組みとしては、高低差を利用し、水が高い場所から低い場所へ流れる際に水車が回転して発電機を動かして発電する方法となります。

以上、簡単ですが主な再生可能エネルギー投資の概要となります。やはりこの中ですと手を出しやすい投資は場所を選びやすい太陽光発電と言えるかと思います。ですので、再生可能エネルギー投資をご検討の際は太陽光投資を検討してみてはいかがでしょうか。

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!