0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/06/28

あなたに向いているのは、投資信託?太陽光投資?

基礎知識・コラム

投資にはそれぞれ向き不向きというものがございます。わかりやすいところで言うと株式投資がございます。株式投資は短期間で運用資産が拡大できるメリットがございますが、ファンダメンタルズ分析のために会社のホームページや専門誌などを細かくチェックして、業績予想を立てるなど常に新しい情報を得ることができる人が向いていると言われております。このようにそれぞれの投資には向いている人もいれば向いていない人もいます。今回は投資信託と太陽光投資それぞれ向いている人はどのような人なのかご紹介いたします。

○投資信託に向いている人とは??

投資信託とは、プロのファンドマネージャーが何人もの投資家から集めた大きな資金を利用して、株式や債券などで投資または運用する金融商品のことで、運用によって得られた利益は、預けた資金の大きさによって分配される仕組みとなっております。基本的にプロの投資家によって投資が行われますので、向き不向きも特にないかとは思うのですが、手数料など差し引いた利益は年間1~5%程度と高くはないので、収益性を見込んだ投資としてではなく、銀行で受け取る利息より高いという点で判断することができる方が向いているかと思います。

○太陽光投資は比較してどうなのか?

太陽光発電投資は、常に需要のある電力を対象としておりますので、FIT制度によって20年間の買取が約束されており売電も安定するため、初期投資はかかりますが長期的なリターンが期待することが可能です。

以上が投資信託、太陽光投資についてご紹介いたしました。皆さまに向いているのは投資信託でしょうか?太陽光投資でしょうか?もし、太陽光投資が向いていると言う方は中古太陽光投資を検討してみてはいかがでしょうか?

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!