0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/04/10

太陽光投資の収益で養育費を補うことは可能なのか?

基礎知識・コラム

太陽光投資は基本投資という考え方があるかと思いますので、資産運用目的で始める方が多いかと思います。もちろんそういったところでの運用も手段の一つとしてはアリかと思います。ですが、太陽光投資は日本で今生活していく上で抱えている問題の解決につながることもございます。

○太陽光投資の収益で養育費を補うことが可能なのか??

・養育費は平均してどのくらいなのか??

養育費は家庭によって育て方はそれぞれですから、お金がかかる家庭もあれば、そこまでお金をかけないという家庭もございます。ですが、教育をしていくに当たってできることであればお金をかけてあげて才能の枠を広げてあげたいのではないでしょうか。ですので、小学校から高校までの費用を考えると足りなくなってくるかもしれません。

文部科学省が出している子供の学習費調査によりますと、公立では平均して50,000円台、私立では220,000円台といったような費用が発生しているようです。家庭によってはこれ以上かかってしまうところもあるかと思います。

・太陽光投資で養育費を補うことは可能なのか?

まず、太陽光投資について触れて行きましょう。太陽光投資とは、FIT(固定価格買取制度)を利用しての投資となります。このFITとは再生可能エネルギー発電所で発電された電力を国が20年間固定価格で買取をしてくれる制度となりますので、つまり発電所が発電できる状態を維持できれば20年間安定した収入を得ることができますので、初期費用分が回収できれば養育費を補うことができるかと思います。

初期投資は高額ですので融資を受けることにはなるかと思いますが、ここ数年は初期投資費用は下がってきましたので平均的な年収であれば融資を受けることができると言われているそうです。ですのでぜひ、太陽光投資を検討してみてはいかがでしょうか?

セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

中高太陽光ならセカンドソーラー

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!