0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/03/19

コロナ禍で不動産投資と太陽光投資は影響受けたのか?

基礎知識・コラム

2020年から世間に大きな影響を及ぼしている新型コロナウイルスですが、投資界にも大きな影響を及ぼしてしまっております。今回は不動産投資の影響をメインにどのような影響が出てしまっているのかご紹介させていただきます。

○東京でのワンルームマンションのニーズは激減!!

新型コロナウイルスによる影響により、東京で人気だったワンルームマンションのニーズは大幅に下がってきているようです。と言うのも、大学生はオンライン授業が増えてきたため東京に移り住む必要がなくなり、会社員はリモートワークが増えてきたことにより東京である必要性がなくなったことが言えるかと思います。

このような影響により「空室リスクが増え」「賃借人の賃料の減少」「値下げ交渉の増加」といったところがコロナが続くにあたって今後も出てくると考えられます。さらに管理費や固定資産税等の経費が発生してしまいますので、今後のリスクも想定して不動産投資は行っていく必要があると考えられます。

○太陽光投資はコロナ禍による影響を受けたのか??

太陽光投資は現在ではコロナによる影響は特に受けていると言うことは聞きません。と言うのも太陽光で発電ができ売電できればそれが収入となりますので、要素だけで言うとコロナによる影響は受けないと考えられます。とはいっても今後影響が出ないと言いたいわけではありません。ですので、リスクをある程度想定してから投資を行う必要があるかと思います。

とはいっても、現在の太陽光投資のリスクは低いので投資としての価値はさらに上がったのではないかと考えられますので、コロナ禍だからこそ資金に余裕がある方は太陽光投資を検討してみてもいいのではないでしょうか。

セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

中高太陽光ならセカンドソーラー

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!