0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/02/23

太陽光投資詐欺に合わないためには??

基礎知識・コラム

再エネ投資も2012年にFITが導入されてから普及し、資産運用として注目度が上がってきました。ですが、この投資を逆手にとった詐欺が横行しているということも事実です。今回は太陽光投資詐欺に合わないために注意しておきたいところはなんなのかについてご紹介させていただきます。

○主な太陽光投資詐欺の手口を知ろう!!

・嘘の説明で契約させる

まず、太陽光投資詐欺の典型的な例として挙げられるのが、この事実と異なる嘘の説明で契約をさせるという手口です。この詐欺の流れとしては、まず、実際の発電量からかなり水増しした発電シミュレーションを見せて、確実に儲かるような説明をします。さらに、メンテナンス不要で手間がかからないなどといったデタラメを説明し、メリットばかりをアピールして事実とは異なる説明をするといった流れです。この場合、太陽光発電所も建設予定、あるいはすでに建設済みであり、実際に発電も行われるのですが、契約の前提となる説明が事実とは全然違いますので、契約させられた被害者は損害をこうむることになってしまうというリスクが発生してしまいます。

このように主な詐欺の手口としてあげられるのが嘘の説明をして事業者を騙すといった内容となっております。このような太陽光投資詐欺に合わないためには、まず、うま過ぎる話の場合は疑ってかかって、まずは詳しい人に相談もしくは他社にも問い合わせをした方がいいかと思います。とにかく、簡単な対策としては他の発電所と比較をしある程度の相場を把握してから物件を購入するのが健全ではないかと考えられます。

セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!