0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/12/01

太陽光設備の遠隔監視装置の監視システムについて

基礎知識・コラム

太陽光投資において遠隔監視装置は必要不可欠なものとなりつつあります。ですが、太陽光投資を初めて始めるという方にはなかなか馴染みはないかと思いますので今回は太陽光設備における遠隔監視装置の監視システムについてご紹介させていただきます。

○太陽光投資における遠隔監視装置とは?

冒頭にもあります通り太陽光投資において遠隔監視装置は必要不可欠なものとなりつつあります。というのも太陽光発電による発電量を常時確認するための装置となっており、パソコンやスマートフォンなどの端末で確認することができます。

太陽光発電において強敵なのが自然災害となっております。そういった際のトラブルも遠隔監視装置を設置することで常時確認ができますので異常があった際はすぐに確認できますし、メール等で通知がきますのですぐに確認することが可能となっております。

さらにこの通知を事業者本人ではなく施工店やメンテナンス会社に共有できるようにしておけば、迅速な対応も可能となっております。

○2種類の遠隔監視装置について

・CTセンサーによる計測で監視をする方法

「CT」とは電流量を測定するための端子のことで「CTセンサー」とは測定器のことを言います。この「CTセンサー」の計測で監視する方法とはパワーコンディショナから電力系統へ送電するための電線に取り付けて、電流値や発電量を計測するというものになっております。

・パワコンとの通信で監視をする方法

通信機能付きのパワコンと「RS-485」などの方式で通信をして、さまざまな情報を得る方法になっております。このRS-485は通信規格の種類となっており、電子機器間のデータ通信を低遅延で行うことが可能となっております。リアルタイム制御に向いておりますので、産業機器での利用が多いのが特徴となっております。

今回は太陽光設備の遠隔監視装置の監視システムについてご紹介させていただきました。設備に異常があり発電できない期間が出てしまうと大きな損失につながってしまいますので投資を始める際は遠隔監視システムの設置を検討してみてもいいかもしれません。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!