0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/10/30

太陽光投資と不動産投資にそれぞれ向いている人とは?

基礎知識・コラム

投資には向きと不向きが人によって変わってきます。例えば為替取引であれば相場を理解しないまま感覚でしてしまうと一時的に調子は良くてもいずれ損してしまう可能性が高いです。今回触れる太陽光投資と不動産投資に関しても同様です。

今回は太陽光投資と不動産投資はそれぞれどのような人に向いているのかご紹介させていただきます。

○それぞれのメリットとデメリットについて

・太陽光投資

メリット:

1.20年間安定した売電収益を得ることができる

2.経済ダメージの影響を受けづらい

3.安定した収益が確保しやすいことから融資が降りやすい

デメリット:

1.収益が天候に左右される

2.初期費用が高い

・不動産投資

メリット:

1.長期間安定した収益を得ることができる

2.節税効果を得ることができる場合がある

デメリット

1.空室リスクが出る可能性がある

2.資産価値が落ちる可能性がある

○それぞれの向き不向きについて

上記のように太陽光投資と不動産投資はそれぞれ特徴があり向き不向きがございます。

太陽光投資に向いている人は以下の通りです

・太陽光発電の知識がある程度ある

・投資を副業程度に考えている

・投資に割ける時間があまりない

・リスクの少ない投資がしたい

・長期的な投資を考えている(20年以内)

不動産投資に向いている人は以下の通りです。

・不動産投資の知識が既にある

・不動産投資の勉強をする時間が十分にある

・ハイリスクな投資も覚悟している

・超長期的(20年以上)な面で投資を考えている

絶対にこういう人は向いているというものではありませんが、やはりどうしても続けていく上で向き不向きというものは出てきます。自分に合った投資をしていくことで投資は有益なものになていくかと思いますので、事前にどのような特徴があり自分に合っているのか吟味していくことが重要になってくるのではないでしょうか?

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!