0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/10/03

太陽光投資に向いていない土地とは?

基礎知識・コラム

太陽光発電の原理として、太陽光のエネルギーで電力を生成するというものになっているため、当然向いている土地や向いていない土地が存在します。今回は「太陽光投資に向いていない土地はどのようなところなのか?」をご紹介させていただきます。

○太陽光投資に向いていない土地はどのようなところなのか?

ずばり先に結論から申し上げると、「太陽光発電に向いている土地の条件」に当てはまらなかった場合、向いていない土地と見てもいいかもしれません。

太陽光土地に向いている土地の条件

・太陽光発電所を設置できる広さのある土地

・出来る限り安く購入・賃借できる土地。

・十分な発電効果が得られる日当たりの良い土地。

これらに該当しなかった場合、太陽光発電に向いているとは言えないかと思います。他にも向いていない条件として

・発電所や架線の設置工事が困難である、あるいは工事に多額の費用がかかる土地。

・日当たりが悪くなる可能性が高い土地。

・過去に太陽光発電事業を行い、収益を見込めなかった土地。

・地震や台風などの災害に見舞われる可能性が高い土地。

があります。

こういったリスクを回避して太陽光投資をしていきたいという方は基本的には「土地つき太陽光物件」で物件を探していくことで解決するかもしれません。良心的な業者であればプロの視点から見た土地を見分け販売をしておりますので、その中から自分で見分けていくことでリスクは回避していくことができるのでは無いかと考えられます。

また、中古太陽光での投資も良いかと思います。中古太陽光だと過去の実績が分かりますのでその土地でしっかり発電をしてくれるのかがわかるので、太陽光発電に対する知識がそこまで無いという方も安心して始めることができます。

○セカンドソーラーではそんな中古太陽光を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう誠実に努めさせていただいております。太陽光投資ををご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!