0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/09/14

不動産投資と比べ太陽光投資が不利な点

基礎知識・コラム

太陽光投資とよく比較されるのが不動産投資になります。不動産投資は太陽光投資のように長期的な投資ということもあり、よく比較されることが多いようです。今回は不動産投資に比べ太陽光投資が不利な点をご紹介させていただきます。

・買取価格が下落し続けている

太陽光投資はほとんどの方はFITを利用した上で投資を行っております。そんなFITによる買取価格が年々減少してきておりますのでFIT導入当初のような収益を出す事は難しくなってきていると言われております。また、現在はFITの抜本的な改革案が出てきておりますので今後全量買取がなくなるリスクもあると言われております。

・相続税対策ができる

不動産投資が人気の要因の一つとしてこの相続税対策ができるという点があります。アパートやマンションを建てることで財産価値を下げて節税をするというものになります。こういった利点は太陽光投資には見られないので有利な点と言えるかと思います。

このように不動産投資が太陽光投資より有利な点がございます。ですが、長期的な投資で見るならば太陽光投資の方が有利な点が多いです。収益の安定性で言えば空室リスクのない太陽光投資の方が有利ですし、ランニングコストの面でも太陽光投資はメンテナンス費用と保険代くらいですのでその点でも有利と言えるかと思います。

尚、中古太陽光は現在よりも売電価格が高く、稼働実績もある中古太陽光ですので安心して投資を開始することが可能となっておりますので太陽光投資をご検討の際は中古太陽光での投資を検討してみてはいかがでしょうか?

○セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

中古太陽光は現在よりも売電価格が高く、稼働実績もある中古太陽光ですので安心して投資を開始することが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるように努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!