0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2017/02/09

将来が不安だからこそ投資!すぐにでも始めたい理由とは?

太陽光発電 投資

最近は貯蓄だけでは将来が不安な人や満足な収入を得ることができていない人たちが、不足している分を投資で補おうという考えが広まってきています。
今回の記事では投資家でない人たちにも投資の必要性について知っていただきたいと思います。

年々下がる金利

ここ何年も定期預金の金利が下がってきていて、最近ではマイナス金利という言葉が出てきたほどです。(マイナス金利についての解説は今回は書きません)
今後金利が高まるような動きが期待できるかと言われると、現在の景気を鑑みても簡単なことではないと思われます。
なのでお金を預けていて期待できるメリットとしては、家に置いておくより安心だといったところでしょうか・・・
投資についてしっかりと理解し、勉強する時間とお金がある人は投資を行ってみることをおすすめします。

将来のための資金確保

現在仕事についてしっかりと働いている人でも満足のいく収入が得られないと悩んでいたり、年金制度に対しても不安が高まる世の中です。
技術の発展した未来では機械に仕事を奪われるかもしれません。
預金をしていてもお金は増えず、年を取って体が衰えて働けなくなる、子供の学費や親の介護など、不安だらけの将来に少しずつでもお金を増やせていけるなら大変心強いことではないでしょうか。

やるなら少しでも早く

不安だらけの将来に向けて、投資に取り組んでみませんか?
そのためには投資についての情報を集めて、正しい知識を蓄えることが大事です。

例えば太陽光発電への投資において、電力の買取価格は年々下がる一方ですが、設備を導入するための初期費用も一緒に下がり続けているので、利回りを比較しても数年前とは大きく変動していません。
電力の買取価格が下がっているという点のみで判断するのではなく、気になる投資対象についてとことん調べるようにしましょう。

何度も言うようですが、投資を行う上で欠かせないのは知識です。
毎日少しずつでも、新聞や経済情報誌などの媒体から自分に必要な情報を取捨選択しながら投資に取り組んでいきましょう。