0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/10/04

太陽光投資で後悔しないために知っておきたいこと

基礎知識・コラム

太陽光投資に関する広告の中に「必ず儲かる!」といった謳い文句をチラホラ見かけます。本当にプラスにしかならない物件もあるかもしれませんが、新規で設備を設ける場合、そういった測定をすることはほぼ不可能です。というのも太陽光投資は気候や立地に大きく関わってきますので、20年後はどうなっているのかを想像するのは容易ではありません。太陽光投資初心者の方でこういった注意点を知っている方はごくわずかですのでそういった話に乗ってしまう可能性は高いと見られます。

今回は太陽光投資で後悔しないために知っておきたいことを購入前の視点から3つご紹介させていただきます。

1.シュミレーション通りの実績にならない可能性がある。

新規で太陽光発電システムを設け運用する前に必ず今後の見通しを立てるために発電のシュミレーションを行います。このシュミレーションはあくまで予測となりますので100%その通りになるといったものではありません。ですので、シュミレーションの結果が良かったとしても実際の結果はあまり良く無いという可能性も出てくるというわけです。ですのでシュミレーションは参考程度に考えておくことが良いと言えるかと思います。

2. 相場よりも高い値段で購入してしまった。

太陽光投資が初めてという方は基本的に相場の感覚を持っていることは少ないかと思います。ですので、業者に安いとすすめられ買ったは良いが実は相場より高い値段であったということは、実際にあるようです。業者が悪徳と言うわけではありませんが、購入前に相場の感覚をしっかり身につけることで有益な投資にも繋がりやすいかと思います。

3. 無料の申請代行に依頼した。

ここに関しては一見良さそうな条件には見えますが、実は大きな落とし穴であることもあります。と言うのも「無料で申請代行」とセットで「設備」もそこで購入しなければならない場合が多く、上記の点にも繋がりますがその設備が相場よりも高いと言うことがあります。ですので、ある程度見積もってから動くのがベストかもしれません。

以上、3点購入前に後悔しないように知っておきたい点ついてご紹介させていただきました。太陽光投資は初期費用の額も大きいですのである程度知識は身につけてから投資を開始した方がいいでしょう。

もし、上記3点で不安な方は中古太陽光での投資を検討してみてはいかがでしょうか。中古太陽光は実際に稼働していた物件ですので、過去の実績もございますし相場もある程度明白です。ぜひご検討ください。