0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/10/16

太陽光発電の出力抑制保険は入るべき?

基礎知識・コラム

太陽光投資は初期費用が高いと言うこともあり、削れるところは削っていきたいと言うことで考えている方は多いのではないでしょうか。確かに、少しでも収益を上げるためには抑えることができるところは抑えていくのは正しい判断ではあるかと思うのですが、この抑えるところを間違えてしまうと逆に赤字につながってしまう可能性も高いです。

そんな抑えるところとして、検討されるのに「保険」があります。今回はそんな保険の中の「出力抑制保険」は入るべきなのか?はたまた抑えるべきなのかご紹介させていただきます。

○出力抑制について

まず、出力抑制についてご紹介いたします。まず、通常電力は需要と供給はバランス良く保たれております。そのバランスが崩れてしまうと大停電が起きてしまうといったリスクが出てきてしまいます。そうならないように需要が少ない地域では電力の供給を抑制することでバランスを保っていきます。これが出力抑制です。

言い方を変えれば、出力抑制されてしまうとその期間、売電ができなくなってしまうと言うことです。

○出力抑制保険は入るべきなのか?

上記のような出力抑制の期間の保証をしてくれるのが、出力抑制保険になります。では出力抑制保険は入るべきなのでしょうか。結論から申し上げますとこれは地域によります。

上記にもあります通り電力の需要の少ない地域ではこの出力抑制保険が生かされます。もし、出力抑制がかかってしまう地域で出力抑制に入っていないと大きな損失が生まれてしまい、赤字に転じてしまう可能性も出てきてしまいます。

ですので、設備を設けようとしている地域では出力抑制はかかりやすい地域なのかどうかを事前に調べ、加入を検討してみるのもいのではないでしょうか。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

中古太陽光は現在よりも売電価格が高く、稼働実績もある中古太陽光ですので安心して投資を開始することが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるように努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!