0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2022/02/19

リソースアグリゲーターとアグリゲーションコーディネーター

基礎知識・コラム

FIP制度が2022年4月より本格的に導入されることになりました。そこで今注目されているのが「アグリゲーター」の存在です。

○アグリゲーターとは??

アグリゲーターは「アグリゲート(aggregate)」からきており、英語で「集める」や「合計する」「総計する」などの意味で、「アグリゲーター」とは「集める人・物・組織」のことを指します。再エネの分野においては分散型電源等の電気を集めて需要家に供給を行う「特定卸供給事業者」や「小売電気事業者」が想定されています。

つまり、このアグリゲーターが電力の需要と供給のバランスを整える役割をするということになってくるということになるかと思います。

そんなアグリゲーターはその役割によって2種類に分けられております。

■リソースアグリゲーター

「リソースアグリゲーター」とは、需要家との間でDERの統合・制御に関する契約を直接結び、制御を行う事業者のことを言います。ですので、需要家に最も近いアグリゲーターとなります。

■アグリゲーションコーディネーター

「アグリゲーションコーディネーター」とはリソースアグリゲーターが統合・制御した電力量をさらに束ねて、一般送配電事業者や小売電気事業者と直接取引を行う事業者になります。

一般送配電事業者は送配電ネットワークを管理・運用する事業者であり、電力需給のひっ迫などによって停電が発生しないように適切な運用を行う義務を負っています。小売電気事業者は、需要家に電力を販売する事業者のことを言います。

このようにアグリゲーターにも2種類の役割があるということがわかるかと思います。今後FIPを利用していく上で「アグリゲーター」との取引は欠かせなくなってくることが想定されます。ぜひFIPでの太陽光発電事業をされる際は上記について覚えておいた方がいいかと思います。

これまでのFIPを利用した太陽光発電事業を行いたい際は中古太陽光がオススメです!

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!