0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/12/28

企業が早急にSDGs目標13に取り組むべき理由

基礎知識・コラム

多くの方がご存知であるかと思いますが温室効果ガスによる気候変動への影響は数年前から問題視されております。SDGsの13個目の目標「気候変動に具体的な対策を」とあるように世界的にもこの気候変動に対する取り組みに積極的になりつつあります。

ここ数年の間でSDGsを取り入れた事業を行なっている企業が特に増えてきました。

○なぜ企業がSDGsや気候変動問題に取り組んでいるのか?

温室効果ガスの排出によりこれ以上地球を悪化させないためにも、温室効果ガスを削減する努力をしていく必要がございます。CO2排出量は世界の経済活動に比例し増加しています。大企業・中小企業に関係なく温室効果ガスの削減に務めることは世界的に見ても急務であり、企業にはその責任があると言えます。

世界的に見てSDGsに取り組み始めた企業は多く、「自社の営業が社会にどのような影響を与えているか」「環境に対しての影響が多大な場合は改善を行う」という取り組みが始まっています。中小企業は大企業のサプライチェーンの輪の中におりますので、大企業が受ける影響を直接受けます。ですので環境に対する取り組みは中小企業にとっても重要な課題となっていると考えられます。

逆に考えるとSDGsや気候変動に対して積極的に取り組むことでビジネスチャンスが生まれるのでは無いでしょうか。取り組みを積極化させることで企業とのつながりができますし、自社の印象もよくなりますので、イメージアップに繋げることが可能です。

ですので、可能である限り早急に気候変動の抑止に対する取り組みを行なっていった方がいいのではと考えられます。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!