0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/12/26

SDGs目標13:気候変動が与える影響とは

基礎知識・コラム

SDGsの中でも目標がたてられているように、地球での気候変動が近年問題視されております。

気候変動とは、数十年以上持続する、気候を構成する気温や湿度などが変化することを指します。気温の上昇のみではなく、豪雨や巨大な台風の発生頻度の増加、干ばつや水面上昇も当てはまります。平均気温の上昇により南極や北極の氷が溶け、海面が上昇しているといわれておりますね。これにより、高潮や沿岸での洪水が発生しやすくなったり、海の生態系に悪影響を与えたりしております。日本でも過去にない豪雨により土砂崩れが発生、暑さによって作物の品質が落ちているようです。河川や湖、ダム湖などの水温が上がったり、水質も悪化しているともいわれております。

この原因として主に考えられているのが、「温室効果ガス」です。

気候変動には、自然的要因と人為的要因があるとされており、この人為的要因が、日常生活の中で排出される温室効果ガスや森林伐採であると考えられております。

先にも述べた通り、気候変動の主な原因の一つが、二酸化炭素などの温室効果ガスであると考えられております。温室効果ガスはメタンや一酸化二窒素、フロン類など様々なガスで構成されていますが、温室効果ガスのうち75%以上は二酸化炭素が占めています。

現在、多くの国では化石燃料で発電を行なっており、結果的に二酸化炭素の排出につながってしまっているという実情です。そこで、鍵となってくるのが、「再生可能エネルギー」です。この再生可能エネルギーは自然エネルギーで発電をしてくれますので、火力発電と比べ二酸化炭素排出量を一気に抑えることが可能です。

SDGsにおいて再生可能エネルギーは重要なものであり今後の地球にも優しい社会を作ることのできる鍵となっていることは間違い無いかもしれません。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!