0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/12/17

SDGsとCSRとESGの関係制について

基礎知識・コラム

企業の社会評価において重要視されているのが、「環境に対する取り組み」です。ここ数年の間で脱炭素やカーボンニュートラルのような動きにも見られる通り、世界的にも環境優しい社会を作ろうという流れができていることよりこのような評価基準が生まれているということがわかります。

そんな、環境に対する取り組みの中で覚えておきたいのが「SDGs」と「CSR」と「ESG」です。まずは、それぞれどういったものであるのか見ていきましょう。

■SDGs

・SDGs(Sustainable Development Goals)とは、持続可能な世界を実現するため、2030年までに達成する国際的な開発目標のことを言います。SDGsは17のゴールと、169のターゲットから構成されています。

■CSR

CSR(Corporate Social Responsibility)とは、「企業の社会的責任」を訳されますが、実際は「企業の社会対応力」という捉え方がよろしいかと思います。CSRには、ISO26000という国際規格があります。今回は細かくは触れませんが、企業がCSRの取り組みを進める参考書のようなものと考えてよろしいかと思います。

■ESG

ESG」とは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取って作られた言葉で、三つの観点から企業の事業活動を分析して評価することができます。 財務情報及びこのESGの情報で、投資の判断基準とされています。

世界中でSDGsが求められている現代、企業のCSRには、必然的にSDGsへの取り組みが求められています。その取り組みこそが、ESGにも影響を与えるというわけです。SDGsもCSRも、最終的には社会課題を解決しつつ、持続的な成長を遂げるために必要な考え方です。そして、取引先企業や一般消費者は企業からの発信がなければ、それらの活動を知ることができません。

この発信を通して、取引先との繋がり約束を作ることができるというわけです。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!