0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/12/06

脱炭素化になぜ再エネ事業が重要視されているのか

基礎知識・コラム

メディアでも報道されてきておりますが、世界的に脱炭素への活動が活発化してきているように感じます。その脱炭素への活動をしていく中で再生可能エネルギー事業(以下、再エネ事業)が重要視されております。では、なぜそこまでして再生可能エネルギー事業が重要視されているのでしょうか。

○脱炭素化になぜ再エネ事業が重要視されているのか

そもそも再生可能エネルギーとは、太陽光や風力、水力といった自然に由来するエネルギーと定義されております。この再生可能エネルギーは化石燃料のように枯渇する心配がなく、半永久的に使用することができますので“再生可能”といわれております。再エネの大きなメリットは発電するときに二酸化炭素を出さないことです。中でも世界的に導入が特に進んでいるのが太陽光発電や風力発電です。燃料の燃焼がないため、地球上の二酸化炭素が増えることはなく、クリーンな再生可能エネルギーへのシフトが今後期待されております。

話は少し変わりますが、ここ数年の間で気候変動が問題視されております。こういった問題が正解共通認識されており、その原因と考えられる温室効果ガスの削減が今後の課題と言われております。

そういった危機を乗り越えるために、脱炭素化していく上で再エネ事業が重要視されてきているのではと考えられます。RE100の動きにも見られるように社会的な評価もこの脱炭素化をしているかどうかが重要視されてきている時代と言われております。時代についていくためにもこのような動きには注目しておく必要がありそうですね。

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!