0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/10/03

自家発電設備+蓄電池導入のメリットについて

基礎知識・コラム

太陽光発電設備を導入する企業が増えてきていることはご存知でしょうか。その理由は様々なメリットがあるということが考えられているからです。今回は自家発電設備+蓄電池システムの導入で得られるメリットはどのようなものがあるのかご紹介いたします。

○中小企業経営強化税制で節税対策が可能

まず、中小企業経営強化税制とは、太陽光発電設備のような企業の生産性や収益力を高められる設備を導入した中小企業が受けられる税の優遇制度のことを言います。優遇内容としては以下のとおりです。

1.100%即時償却

2.取得価額の10%もしくは7%の税額控除

太陽光発電設備の取得費用は基本的に減価償却費を耐用年数が経過するまで計上することになりますが、この中小企業経営強化税制を利用し即時償却を選択すると、太陽光発電設備の取得費用全額をその年の経費として計上することが可能です。これにより利益が圧縮され大きな節税効果を期待できます。

○自家消費で電気料金の削減が可能

自家消費型太陽光発電では、発電した電気を自ら使用し、電力会社から購入する電力を減らすことで電気料金の削減を見込むことができるようになります。ここ数年再エネ賦課金によって法人の電気代は上昇傾向にありましたので、その負担がなくなると考えると電気料金の削減が期待できると考えられます。

○企業のイメージアップにつながる

太陽光発電設備のような再生可能エネルギーは、日本だけでなく世界中の企業で積極的に導入されています。再生可能エネルギーの普及に力を入れる企業は、高く評価される傾向にあるため、太陽光発電設備を導入することで自社の評価を高められます。

このように導入することで様々なメリットを得ることが可能です。

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!