0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/10/02

企業がBCP対策を行うことで得られるメリット

基礎知識・コラム

日本は自然災害による影響を受けやすい上、現在流行しているような感染症が出てきてしまうと、ライフラインが止められやすくなってしまいます。

そこで、さまざまな企業がBCP対策を取るということを進めつつあります。

今回は企業がBCP対策を取ることで得られるメリットについてご紹介いたします。

○BCP対策とは

まず、BCP対策とは簡潔にご説明すると、地震のような自然災害の発生時や、インフルエンザのような感染症が流行した場合に事業を継続するための行動指針のことをいいます。

○BCP対策で得ることができるメリットとは?

・事業継続または早期再開が可能

太陽光発電設備を設置することで、もしもの際も発電した電力で生産を継続できたり、早期再稼働が可能となります。また、同時に蓄電池も活用することで発電をしながら電力を使用しない場合は蓄電池に発電した電気を貯めておくことが可能です。また、余談ではございますが、災害発生時でも事業継続できる企業、早期再開ができる企業は他の企業からの信頼性が工場します。

・外部との通信手段の確保が可能

自然災害が発生した際は、従業員への安否確認や取引先への連絡をするために、外部と通信出来る手段を確保する必要があります。しかし、災害によって停電が発生してしまうと電力の使用ができませんので、携帯電話やノートPCが使用できたとしても充電ができないため通信手段の確保が困難になります。そこで、自社に太陽光発電設備を設置することで通信端末への電力供給や充電ができるようになり、社内や社外への連絡が可能になります。

・地域貢献ができる

自社で太陽光発電設備を設置することで、発電した電力を自社利用するだけでなく、近隣住民への提供も可能です。停電が起きてしまうとエアコン等家電製品が全く使えなくなってしまいますので、体調を崩してしまう可能性も出てきます。そこで、災害発生時に地域住民を受け入れて電力を供給することで災害の被害に遭った方々を支援することが可能です。

以上、BCP対策を行うことで得られるメリットをご紹介いたしました。災害等が起きてしまうとライフラインが無くなってしまう可能性があるのが現状です。そういった点を考慮したBCP対策についてご検討されてみるのも良いかとおもいます。

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!