0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/08/22

売電型と自家消費型はどちらがお得??

基礎知識・コラム

数年の間で企業も環境に対する意識を向けることが当たり前とされてきております。そのようなこともあり「太陽光発電所」を設ける企業が増えてきました。

○売電型と自家消費型

そんな太陽光発電の運用方法は2通りあり、「売電型」と「自家消費」型の2種類がございます。これらを簡潔に説明をすると、自社で太陽光発電所を保有しそこで作られた電力を電力会社に売って収益を得るのが「売電型」、自社で保有している太陽光発電所で作られた電力を自社で消費するのが「自家発電型」です。

そんな、太陽光発電ではございますが、共通して言えるのが、初期投資型が高額ということ。ですので、結果的にどちらがお得なのかというところは気になるかと思います。

○売電型と自家消費型はどちらがお得??

早速、本題ではございますが、売電型と自家消費型はどちらがお得なのでしょうか?はじめに結論を述べておくとどちらに適しているかをみていくことでどちらがお得なのかは見えてくるかと思います。

・売電型がお得なケース

夜間の電気消費量が多い企業や、現在の買取価格でもメリットがあるというビジョンがある企業であれば、売電型の太陽光発電がお得と言えるかと思います。

・自家消費がお得なケース

設備に大きな電力を消費する企業でしたら、自家消費型で購入する電気量を抑えて、電気料金総額を引き下げることができるので、そういった場合は自家消費の方がお得と言えるかと思います。

このようにそれぞれ特徴があり、自社にあった形で取り入れるのが懸命と言えるでしょう。

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能です。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!