0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/08/18

自家消費型太陽光は大企業向けのもの??

基礎知識・コラム

太陽光発電といえば従来は売電型が主流でしたが、2020年からFITが抜本的に改革をしだしたことをきっかけに自家発電へシフトしていくようになりました。このように、今後の太陽光発電は自家発電が主流になってくると考えられます。そこで今回は自家発電の太陽光発電システムを導入していく上で、気になる点、知っておきたい点をご紹介いたします。

○自家発電の太陽光発電システムを導入していく上で、気になる点、知っておきたい点

・自家消費型太陽光は大企業向け??

これまで自家消費型の太陽光発電で有名なところといえばRE100に加盟している企業が多かったので、「自家消費太陽光発電=大企業」というイメージは確かにあるかもしれません。ですが、ここ数年では中小企業でも導入しているところは増えてきております。というのも中小企業を対象とした「中小企業等経営強化税制」のような税制優遇制度が出てきたことが理由の1つと言えるかと思います。

・自家消費型のみで電気を賄うことは可能??

もし、自家消費のみで電気を賄おうとすると大きな発電設備や蓄電池を用意する必要が出てきますので設備投資額が膨大なものとなってまいります。また、蓄電池は寿命がございますので、途中で交換するための費用も考慮しておく必要があるかと思います。従って、やり方によっては電気を賄うことは可能ではございますが、莫大な設備投資費用がかかりますので自家消費のみで賄いたい場合は資金繰りを考慮したほうがいいでしょう。

以上、自家消費をしていく上で気になる点、知っておきたい点についてご紹介いたしました。ぜひご参考までにしてみてください。

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能です。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!