0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/07/06

2021年太陽光発電投資の現状とこれからについて

基礎知識・コラム

日本は1999年のCOP5を皮切りに「化石賞」という不名誉な賞を受賞し続けてきました。この化石賞というのは、地球温暖化対策に前向きな姿勢を見せない国に対して、皮肉を込めて授与される賞です。このように、世界的に見て日本は地球温暖化対策に前向きではないということであまり良く見られてはおりません。そんな日本にとって、再生可能エネルギー事業は未来のある事業と見ることができるのではないでしょうか。世界的にみても、再生可能エネルギーは新しいエネルギー源としてシェアが高まっています。再生可能エネルギーは化石燃料とは違い枯渇する心配はありませんので安定して電力を供給することが可能です。また、再生可能エネルギー発電が普及することで温室効果ガスである二酸化炭素の排出もありませんので、地球に優しい発電となっております。

○再生可能エネルギー投資はこれから注目されていく投資

上記にもあるとおり、再生可能エネルギーは、永続的に利用することができるうえ、温室効果ガス削減に大きく貢献できるなど注目を集めております。再生可能エネルギーには、主に太陽光、風力、水力、バイオマス、地熱などがあり、その中でも太陽光発電は日本で一番注目されている投資となっております。太陽光発電は費用や場所などの面において、一般家庭でも取り組みやすい発電システムとなっておりますので、投資初心者の方でも始めやすくなっております。

セカンドソーラーでは中古の太陽光発電所を多数掲載しており、稼働済み物件ですので太陽光発電投資の中でもさらにはじめやすくなっております。

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!