0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/06/13

パネルの違うことによってそれぞれ差は出てくるのか?

基礎知識・コラム

太陽光投資をしていく際に気になるのはやはりパネルの発電量や耐久性にあるのではないでしょうか?太陽光パネルには様々な種類があり「シリコン系」「化合物系」「有機物系」とありその中でも多いのが、「シリコン系の結晶系」のものとなっております。このように太陽光パネルには種類があることがわかるかと思います。今回はそんな太陽光パネルが違うことによってそれぞれ差があるのか?ご紹介させていただきます。

○国内と海外メーカーで違いはあるのか?

現状太陽電池を用いたソーラーパネルの性能の違いは、国内と海外で違いはそこまでないと言われております。ただ、サポートや価格の面では多少違いが出てくる可能性があります。海外メーカーのメリットとしては、国内メーカーよりも安価でソーラーパネルを導入できることが可能です。ですが、海外のメーカーは日本のオペレーターを設けていないケースもあるため、保証面を考えると国内のメーカーのものを買った方がいいと言われております。

○パネルによって発電量の差は出てくるのか?

太陽光パネルの比較をメーカーごとに行うことがございますが、正直なところを言うとあまり差はないと言われております。どちらかというとメーカーより原料は何でできているのかが発電量に大きく影響が出てきますので、そこに注目しておくのが賢明と言えるかと思います。この発電量を考慮した上で、価格や耐久性等を比較していけばいいでしょう。

このようにパネルが違うことによって正直そこまで差が出てくることはありません。ですがなんでもいいと言うわけではなく、そのパネルの発電量がどのようになっているのか、価格帯、耐久性、保証を見た上で自分の物件にあっているものを選ぶのがベストと言えるかと思います。

ですが、「専門的なことはあまりわからないから自分で選ぶのは難しい」

そんな方は中古太陽光物件がおすすめです!

中古太陽光物件は稼働済み物件ですので、パネルもそのまま利用することが可能です。

セカンドソーラーではそんな中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!