0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/01/13

太陽光投資:「ストリング」って何?

基礎知識・コラム

太陽光投資について調べていくと「ストリング」というワードで引っかかったことはないでしょうか?見逃しがちな用語ではありますが、意外と理解することで大事になってくる場面も出てきます。今回はそんな「ストリング」についてご紹介させていただきます。

○ストリングとは?

まず、ストリングとはなんなのかについて触れていきましょう。一般的に太陽光パネルを直列でつないだブロックのことを指します。セルが集まって太陽光パネルを構成し、その太陽光パネルを直列でつないだブロックを「ストリング」、ストリングを並列につないだ一つの大きなかたまりを「アレイ」と呼んでいます。

○ストリングは組み方が大事!!

基本的にストリングは左右のパネル同士を繋いで接続を行うのですが、この繋ぎ方だと影がかかってしまった際に大きなロスが生まれてしまうそうです。これを解決するためにも事前に発電ロスを影響を想定してストリングを組む必要が出てきます。

○つまり施工業者選びは実績を見ていきましょう!!

上記のように、ストリングを組むのは素人だと簡単に扱えない内容になります。つまり、業者選びが大事になってきます。一般的な業者であっても経験が豊富なところでなければ設計も最適なものを作ることができません。ですので、ストリングの組み方をしっかり理解した業者に依頼をし、少しでもロスを少なくするための設計が重要になってきます。

以上、ストリングについてご紹介させていただきました。

投資を行っている人もあまり触れることのない用語になりますので、内容としては少し難しいものではありますが、そこを理解している業者に施工をお願いすることで、ロスの少ない投資ができますので最低限の知識として持っておいて損はないかと思います。

セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!