0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/11/19

太陽光設備の盗難対策とは!?

基礎知識・コラム

太陽光投資をしていく上で気を付けていきたいものとして一つに「盗難」がございます。規模によっては数百万~数千万円の被害額にまでなってしまいます。

関連記事:盗難されやすい太陽光設備とは!?

今回は太陽光設備の盗難に遭わないためにどのような対策を行うべきかご紹介させていただきます。

○太陽光設備の盗難対策とは!?

1. フェンスの設置

防犯対策の一般的な例としてあげられるのがこのフェンスの設置です。一見効果があるように見えますが、1~2m程のものは簡単に登れますし、犯行になれている犯人だと金網カッターなどで切って侵入をしてしまうのでフェンスを設置したからといって100%防ぐことはできません。ですので、防犯に対する意識があると言うことの前提として設置は必ずしましょう。

2. 防犯カメラの設置

防犯カメラも盗難対策の代表例の1つとして挙げられます。防犯カメラの設置を行うことで侵入した犯人の特定も早いですし、カメラを設置することで犯人が警戒して緩和にもつながるかと思いますので効果的になってくるかと思います。ですが、犯人が顔を隠している場合は防犯カメラを設置しても特定にはかなり時間を要してしまいますので効果としては薄くなってしまうかと思います。

3. 防犯ライトの設置

泥棒は光を気にすると言われておりますので設置をすることで効果は少なからず出てくるかと思います。防犯カメラと組み合わせることで効果はさらにますかと思います。

4. 注意喚起看板の設置

注意喚起看板を設置することで犯人の警戒にも繋がりやすくなるかと思いますので、少なからず効果は出てくるかと思います。

以上、太陽光設備の盗難対策についてご紹介させていただきました。被害にあってしまうと大きな赤字につながってしまいますので可能性が考えられる方は対策を考えておく必要があるかと思います。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!