0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/08/20

除草剤の種類について

基礎知識・コラム

除草剤は農薬であるものとそうでないものがあります。太陽光投資を行う上で除草は山林地帯や農地であった場合ほぼマストな事項になってくるかと思います。ですのでこういった除草剤に関する知識はある程度知っておいたほうがいいところになってくるかと思います。今回は除草剤の種類はどのようなものがあるのかご紹介させていただきます。

 

〇タイプの違い

まず、除草剤の中には液状タイプ顆粒タイプがあります。

液状タイプ葉から根を枯らすという効果が多いです。ですが、液状タイプということもあり風にのって幅広く散布してしまうことがありますので近隣や畑が近くにある場合は注意しておいた方がいいかと思います。

顆粒タイプ土に作用しますので根から枯らせるものが多く、顆粒ですので風に乗って散布する危険もありませんので使用も液状に比べると使いやすいかと思います。

この二つのタイプの期限には特に差が無いですが、製品によって変わってきますので使用の際はその点をよく確認しておく必要があります。また、除草剤に含まれる成分も確認しておく必要があります。というのも、成分によっては枯れない草もありますので購入前に可能であればどのようなタイプの草であるのか確認をしておいたほうがいいかもしれません。

 

〇除草剤は市販のものでも大丈夫なのか?

こちらに関しては製品によって異なりますので一概には言えませんが、一般的には市販の製品は複数の成分を入れていることが多いので、農協等で買えるキツイ成分のものと比べると市販の除草剤は薄く効果が弱いと言われております。とはいっても、市販のものでも効果が期待できるものもございますので、一度試してみるのもいいかもしれません。

 

今回は除草剤の種類について記述させていただきました。もし、除草をしなければならないタイミングがあった際は参考にしてみてください。

〇セカンドソーラーは中古太陽光を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!