0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/11/15

産業用太陽光発電では重要!メンテナンス費用!

基礎知識・コラム

太陽光投資といえば産業用太陽光発電になります。そんな産業用太陽光は大きな設備であることより管理というのはその分大変になってきます。ですが、多くの投資家の方は太陽光発電ばかりになかなか時間を割くことは難しいのでメンテナンスは業者に委託することになるのがほとんどかと思います。そんなメンテナンスの費用、投資をしていく以上どうにかして削減できないかと考える方も中にはいらっしゃるかと思います。

 

注意:メンテナンス費用を出し渋るとのちのちに響くことに….。

 

メンテナンス費用を出し渋ってしまうと後々のリスクが重くなってしまいます。例えば、ソーラーパネル。このソーラーパネルが汚れてしまうと機器の不具合が起き発電効率が落ちてしまいます。最悪の場合、固定価格買取制度の認定を失ってしまうリスクが出てきます。このような想定外のリスクが起きてしまわないよう、メンテナンスの費用は出し渋らずしっかり行うことが必要になってきます。

 

 

〇太陽光投資のメンテナンスは義務!?

 

上記にもあります通り産業用太陽光発電を運用していくにはメンテナンスは必須となってきます。ですが、そんなメンテナンスは義務なのでしょうか。

太陽光発電設備のメンテナンスは2017年の改正FIT法により義務化されるようになりました。ですので太陽光発電の設置者は個人や企業にかかわらず設備の定期点検を行わなければなりません。

 

 

〇メンテナンスを行うことでのメリットは多い!

 

太陽光発電のメンテナンスを行うことでのメリットは多いです。まず、発電量の低下や火災、漏電など見えにくいトラブルを防ぐことが出来ます。発火の原因となってしまうのがホコリです。ホコリがパネルに付着してしまうことで発電量が低下してしまうのですが、専門家がその点を察知し早期対策を取ってくれます。このようにメンテナンスを定期的に行うことで災害を防ぐだけでなく、発電のロスも回避できますのでメンテナンスは定期的に行うべきでしょう。

 

 

〇セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しており、

実際に稼働実績のある物件になりますので太陽光発電投資の経験のない方も

売電実績をもとに始めやすくなっております。

もし、太陽光投資をご検討の際はセカンドソーラーまでお気軽にご相談くださいませ。