0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/07/14

太陽光投資は土地確保が困難!?解決策は!?

基礎知識・コラム

 

街中でよく屋根に太陽光パネルが設置されているのを見かけるかと思います。2012年のFIT法(固定価格買取制度)ができてから太陽光発電が投資案件として認知されるようになり産業用の太陽光発電を導入する方が増えました。ですが、いざ実際に太陽光投資をやろうとなった場合、なかなか簡単に設置する土地を確保するのは困難です。

 

〇太陽光発電を設置する土地にはある程度の条件が必要

 

太陽光発電は太陽から出ている日照・日射によって電力が生成されます。つまりある程度の条件が必要になります。いざ、設置した土地のまわりが建物ばかりで影ができる・年間の降水量が高いなどといった条件下だと発電効率もかなり悪いので最悪イニシャルコスト分の回収が困難になる場合がございます。

発電効率が特にいいと言われているのは設置個所が真南を向いており、近隣に建物が無いという土地なのですがなかなかこういった好条件の土地が用意できるとは限らないかと思います。もし、上記のような好条件の土地を確保できたとしても将来的な保証はできるとは言えないかと思います。建築基準法で隣地が一定の日照を確保できるようにさまざまな制限がもうけられておりますが、あくまでこれは生活基準に沿ったもので太陽光発電のためのものではありません。

 

このようになかなか太陽光投資の条件にあった土地を確保することは難しいと言われております。

 

解決策:日射量のシミュレーションもしくは土地付き太陽光発電システム検討をしてみる

 

太陽光投資をしていく場合、設置を予定している土地の日射量とパネルの角度などしっかりシュミレーションを行う必要があります。その上で利益はどのくらいとれるのかというのを考える必要があります。とはいえ繰り返しになりますが、なかなか条件のいい土地を用意することは困難です。これらを解決してくれるのが「土地つき太陽光物件」になります。土地付き太陽光物件は太陽光システム販売企業が借地もしくは土地に太陽光システムを建設し太陽光システムとセットで販売してくれるものになります。これを導入することで条件にあった土地を所有していなくても太陽光投資を開始することが可能です。

 

当サイトでは実際に稼働歴のある中古太陽光物件を多数掲載しておりますので、そのまま稼働させることが可能となっております。

是非、太陽光投資をご検討の際は当サイトの物件もご覧ください。

物件検索