0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/12/23

世界の電力問題と使えないことによる影響とは

基礎知識・コラム

現在、私たちが使っている電気について。世界的に90%の人が利用できると言われております。ですが、サハラ以南のアフリカや東南アジアでは依然として多くの人々が電気のない暮らしを送っているのだそうです。中でも農村部ではエネルギー不足が深刻だそうで、電気のない暮らしを送る7.9億人のうち85%は農村で暮らす人々なのだそうです。

現在ではSDGs等の動きにより再生可能エネルギーが普及しつつありますが、日本などの一部の国では石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料によるエネルギーが主流で、私たちの生活になくてはならない存在となっております。この化石燃料はいつか無くなるものであり、石油や天然ガスは50年、ウランは115年、石炭は132年分しか残されていないと予想されています。

○電力が使えなくなることによる影響

まず、産業の発達の上でエネルギーは必要不可欠です。エネルギー不足の発生している地域・国の主な産業は、農産物や魚類を加工せずそのまま販売するという一次産業です。作物などの加工や保存環境が整いませんので、経済発展が遅れてしまうといった影響が出てしまうことが想定されます。

また、電気のない地域・国では、木材を燃やして明かりをつけたり暖を取ったりいたします。その木材の調達は主に子どもや女性の仕事となります。つまり、子どもの教育のための時間を取ることができず、教育を受けられないと、将来安定した職を手に入れにくく、貧困に陥る可能性が高くなってしまうことが想定されます。

このような事態を防ぐためにも企業や自治体を中心にSDGsへの動きを活発化させ、SDGsの7つ目の目標「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」の達成に向け動いていく必要があると社会的に考えられております。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!