0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/12/04

企業が太陽光自家発電を取り入れるメリットとは?

基礎知識・コラム

企業の間でここ数年、SDGs等の環境保全活動を通して、電気を火力発電から再生可能エネルギー発電にシフトしようということで動きが見られるようになってまいりました。太陽光発電もその1つです。企業が自家発電型の太陽光発電を取り入れることで環境への配慮をしっかりしているということでアピールになるのでメリットは感じますが、実はこれ以外にもメリットを感じる点がございます。

○企業が太陽光自家発電を取り入れるメリットとは?

・コスト削減

企業が利益を出していくには「売り上げを増やす」か「経費削減」の方法がございます。自家発電型の太陽光発電を設けることで「経費削減」につなげることが可能です。自社の事業で使っている電気の一部を、太陽光発電で発電した電気で置き換えることで、電気代の削減に繋がります。また、電力会社から購入する電気には、再エネ賦課金や消費税が含まれております。この点についても太陽光発電で自家消費をすることによって、電力会社からの購入電力を減らし再エネ賦課金と消費税も同時に下がる仕組みを作ることが可能です。

・節税対策

企業が太陽光発電を導入する際、一定の条件を満たすことで「中小企業経営強化税制」「中小企業投資促進税制」などの税制優遇を受けることが可能です。詳細につきましては、今回は触れませんが、設備導入費用を即時償却することができたり、取得価格の何%かを税額控除できるといった税制優遇を受けることが可能です。

つまり、企業が自家発電型の太陽光発電を取り入れることで多くのメリットを得ることが可能というわけです。

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!