0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/11/29

電力会社分社化によるメリット

基礎知識・コラム

2020年4月からは電力会社の中で送配電を担う事業の部門が分離されて別会社となっております。この分社化によるメリットとでメリットとはどのようなものがあるのかご紹介いたします。

○分社化のメリット

法的分離にともなう送配電部門の分社化で得られるメリットは、電力ビジネスが拡大することと言われております。

分社化によって、既存の電力会社が所有していた配送電部門の独立性が増し、送配電業務を担う会社がライバル電力会社のみに対して高い手数料を課すことや、送配電網を使用させないという不公平な事態を回避することができるので、既存の電力会社だけが得をすることがなくなってきます。送配電会社の中立的な立場を明確にすることで、送配電網を所有していない会社でも公平に利用できることになります。それは、健全な競争と電力産業の拡大や活性化につながることを目的とした改革で、さらに、電力の安定供給に必要なコストの面でもメリットが得られるとされています。

一般的に、電気を安定的に供給するためには、需要量と供給量を常に同程度の量にしてバランスを保つことが必要になってきます。ですが、この電力の需要量と供給量の差をを調整するためにはコストがかかります。送配電部門の分社化によって、その調整に必要なコストの透明性が高くなると考えられています。

電力会社の送配電部門の分社化には上記のようなメリットがあると言えます。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!