0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/11/02

グリーン電力証書システムのメリットについて

基礎知識・コラム

kエコな活動として注目されている仕組みの一つとして「グリーン電力証書システム」がございます。まずは、グリーン電力証書システムのメリットについてご紹介いたします。

○グリーン電力証書システムとは

グリーン電力証書システムとは、自然エネルギーにより発電された電気の環境付加価値を、証書発行事業者が第三者認証機関(一般財団法人日本品質保証機構)の認証を得て、「グリーン電力証書」という形で取引する仕組みのことをいいます。

この取引によってどのような利点があるのでしょうか。今回はそちらについて実際に見ていこうと思います。

○グリーン電力証書システムのメリットについて

1.環境貢献活動として取り組むことが可能

グリーン電力証書を購入することで、国内の自然エネルギー普及や温暖化の抑制、省エネルギー(化石燃料の消費削減)等に貢献することが可能になります。

2.自主的な二酸化炭素削減目標達成に利用することが可能

太陽光発電のような自然エネルギーは発電時に二酸化炭素を排出しないと考えられています。つまりグリーン電力証書の保有により、記載されている電力量(kWh)相当分を自然エネルギー由来の電力を使用しているとみなすことができ、二酸化炭素削減を行っているといえます。二酸化炭素削減効果は、証書の発電電力量(kWh)に電力会社等の二酸化炭素排出原単位を乗じて算出することが可能です。

3.環境コミュニケーション活動に利用することが可能

契約と同時に、グリーン電力の利用を示すためのマークを提供しております。このマークを使用して企業広告、グリーン電力を利用している工場や建物、製品・サービスのPR、イベントのPR等幅広く利用することが可能です。

4.各種報告制度に再エネ使用量やCO2削減量として報告することが可能

CDP、RE100、SBT等の各種報告にて再エネの使用量として報告ができます。また、一定の手続きを経て、地球温暖化対策推進法の調整後温室効果ガスの削減や東京都や埼玉県等の環境条例における再エネクレジットとしても活用することが可能です。

まとめると、グリーン電力証書システムを利用することで環境に対する動きをアピールすることが可能です。SDGsやカーボンニュートラルが叫ばれている今イメージアップをするためにもこのグリーン電力証書を使用してみる手もあるかもしれませんね。