0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/10/20

J-クレジット制度それぞれのメリットについて

基礎知識・コラム

国が省エネ機器の導入等を薦めているということはニュース等でよく見かけるようになりましたが、国がそのためにどのような制度を作っているのかについてはご存知でしょうか。そんな制度の中にJ-クレジット制度という制度がございます。

○J-クレジット制度について

J-クレジット制度とは、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度のことをいいます。このクレジットをつくる人と使う人で主に分けられ、この循環を行うことでエコな社会の実現を目指すというものになります。

では、このJ-クレジットのつくる人と使う人それぞれのメリットとはどのようなものがあるのか見ていきましょう!

■J-クレジット創出者のメリット

・ランニングコストの低減

省エネ設備の導入や再生可能エネルギーの活用をすることで、ランニングコストの低減や、クリーンエネルギーの導入を図ることが可能になります。

・クレジット売却益を得ることができる

設備投資の一部を、クレジットの売却益によって補い、投資費用の回収やさらなる省エネ投資に活用することが可能です。

・地球温暖化対策のPRが可能

自主的な排出削減や吸収プロジェクトを行うことで、温暖化対策に積極的な企業、団体としてPRすることが可能になります。

■J-クレジット購入者のメリット

・環境貢献企業としてPRが可能

クレジットの購入をとおして、日本各地の森林保全活動や中小企業等の省エネ活動を後押しすることができます。

・企業評価を上げることができる

温対法・省エネ法の報告への活用や、各種企業評価調査等においてクレジット購入をPRすることで企業評価につなげることができます。

・ネットワーク構築につながる

クレジット購入を通して構築された企業や地方公共団体との新たなネットワークを活用し、ビジネス機会の獲得や新たなビジネスモデルの創出につなげることができます。

以上、J-クレジットをつくる人と使う人が成立することで環境に対する取り組みが好循環で行われることになります。もし興味を持たれた方はJ-クレジットをつくる側もしくは買う側になってみてはいかがでしょうか。

参照記事:J-クレジット「J-クレジット制度とは」

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!