0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/10/18

国内クレジット制度とは??

基礎知識・コラム

近年、環境問題への配慮が企業や自治体にとっても重要視されてきております。CO2排出量の目標が立てられその目標に向け取り組むという動きが多くの企業や自治体で見られるようになりました。ですが、その目標の達成は難しい場合がございます。その際にJ-クレジットを購入することで目標までの数値を賄い目標達成を行うことが可能です。このJ-クレジット制度が近年注目されております。このJ-クレジット制度ですが、「J-VER制度」と「国内クレジット制度」が統合してできた制度になっております。今回はこの国内クレジット制度とはどのような制度だったのかご紹介いたします。

○国内クレジット制度とは??

この国内クレジット制度は平成20年10月に政府全体の取り組みとして開始され、京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)において規定されている、大企業等による技術・資金等の提供を通じて、中小企業等が行った温室効果ガス排出削減量を認証し、自主行動計画や試行排出量取引スキームの目標達成等のために活用できる制度となっております。

中小企業のみならず、農林(森林バイオマス)、民生部門(業務その他、家庭)、運輸部門等における排出削減も広く対象となっておりました。

○国内クレジット制度の政策目的

政策目的として

・民生部門における省エネ・新エネ機器の需要喚起、普及促進。

・国内クレジット制度の活性化(排出削減効果の有効活用)を通じた国内資金環流の促進。

→民間主体による自主的取組は積極的に応援し、ビジネス化への道筋を確かなものに。

・売却益の国庫返納を通じた効率的な予算執行、財政負担の軽減。

が挙げられており、さまざまな取り組みが行われておりました。

このように国内クレジット制度を通して省エネの普及等が行われておりました。

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!